2023年08月05日

美濃古道−11:月霊旗縦走(8)−月光山(2)

Kodou-2922.jpg Kodou-2920.jpg Kodou-2921.jpg
Kodou-2923.jpg Kodou-2925.jpg Kodou-2924.jpg
【写真説明】既に紹介済みだが、月霊旗縦走路中、林務局管理下の国家歩道に属するのはこの月光山と霊山のみだ。初めて月光山へ取り付いた際は、国家歩道の指導標のスタート(最下段)より遥か下にあるこの土地公(上段左写真)の空スペースに駐車し歩き始めた。実際、ハイカー向けの駐車場はまだ上にあり、スタートゼロ地点は更に上だ。土地公〜スタートゼロ間の距離はざっと2`、しかも急坂、まるで筆者の要領を得ぬ人生の如し、苦労するが何も得られず。反省を込めて何の変哲もない台湾の廟を差し挟んだ。その国家歩道ゼロ地点に立つ案内板(上段中央写真)、正規の歩道長丁度3`であることが判る。月光山と双峰山との分岐点に立つ指導標を過ぎると、月光山方面は直に稜線に出る。右写真は稜線に出る前に出合うガジュマルの大木。筆者にとり稀有な快適さに襲われる月光山東側稜線だが、筆者の技術では何の変哲もない坂道に変じてしまった(下段左写真)。その稜線の頭から月霊旗縦走路を俯瞰(中央写真)、旗尾山ピークは最奥。月光山頂上の光景(右写真)。登山道はここで終りというわけではなく、実際まだまだ東進が可能だ。今回掲載した写真は、2016年12月、2017年11月、2019年10月の三回に渡る山行中撮影したものから選んだ。

[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 00:00| 台北 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 美濃古道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月19日

美濃古道−12:月霊旗縦走(9)−擔横山(鼓山)

【写真説明】このダイヤグラムは旗尾山(きび・さん)を含む玉山山脈最南部、美濃(みの)と旗山(きざん)を分け隔てる楠梓仙渓(なんしせん・けい)、そして旗山市街地とその後方に迫る阿里山山脈の最南部の関係を表したものだ。二つの山脈が楠梓仙渓の両側で競い合っているような感がある。楠梓仙渓の現在の正式呼称は旗山渓(きざん・けい)、最後は、荖濃渓(ろうのう・けい)と合流、台湾にて最大の流域面積を誇る高屏渓(こうへい・けい)を形成し台湾海峡に注ぐ。このパノラマ写真に写る阿里山山脈中央部は若干隆起を見せているが、標高215bの擔(担)横山(たんおう・さん)、古名が「鼓山(こさん)」である。鼓山と云う山名は、佐藤さん、鈴木さんと同じくらいポピュラーかもしれないが、逆に由緒正しき山ではないだろうか?台湾のみならず、中国大陸、日本にもある。鼓は楽器以外にどう云う意味があるのか?未だ調査中。台湾南部だと、同じ鼓山の表記で高雄市の区名として存在することは、既にこのブログの中でも相当回数言及して来た。旗山の鼓山も高雄の鼓山と同じように現代の行政区画名としてまだ現役だ。里名(鼓山里)と公園名(鼓山公園)として残っており、行政単位としては、旗山の行政単位である区よりは下位になる。担横山の山名の由来もまだ調査中。西側、さして目立たぬ阿里山山脈最南部の山の中から更に目立たぬ担横山が、誰の目にも一際目立つ旗尾山の対抗馬として選ばれたのには何らかの由来があったのではないか?例えば、山と川と全体の地勢、詰まり風水である。そこら辺りを再確認しようと「美濃古道−7:月霊旗縦走(4)−旗尾山(4)」の寄稿の際に見付けたサイトを閲覧しようとしたが、何故かアクセス出来ない。それで、ここに当時のブログ記事から再録して読者の便宜を図ることにした:
[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 00:00| 台北 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 美濃古道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする