2010年01月09日

関山越嶺古道−11

Kodou-468.jpg Kodou-469.jpg Kodou-470.jpg Kodou-471.jpg
【写真説明】左写真は天龍温泉ホテル横に掛かる天龍吊橋、新武呂渓右岸側。ホテル前の広場・駐車場は日本時代には原住民に対する監視哨が置かれており、警備道も現在と同じ地点に吊橋が掛かり左岸に渡っていた。今に見る橋柱は戦後掛け替えたもの。この吊橋を対岸に向かって渡り出すと、左手に古道が延びているのが確認できる。それが左から二枚目の写真。但し、橋の袂、樹木で覆われた部分は大きく崩壊しているので、この古道を歩くのは難しい。対岸に渡り切ると日本時代の架橋の際にはめ込まれ今でも残っている銘板二枚。右写真はその内、工事人を列記した銘板の拡大。

[天龍温泉ホテルと古道=現台東県海端郷霧鹿]
南横東段が走る地域は玉山国家公園には含まれていないが、台東市街を通り太平洋に流れ込む卑南渓の上流域を形成する新武呂渓が創り出した渓谷美は全く見事で、個人的にはタロコ渓谷に匹敵すると考えている。特に、嘗てのプルプル社、現在の霧鹿村の足下を走る南横脇にある天龍温泉ホテルがある辺りから先の渓谷がその白眉だと思う。

天龍温泉ホテル脇にはこの新武呂渓を対岸に渡る吊橋が掛けられているが、日本時代も同じ場所に橋が掛けられており「天龍橋」と呼ばれていたので、このホテル名はその橋の名から取られたものだということが判る。渓底から相当な高度差があるので勇を鼓してこの橋を渡リ切ると、対岸の岩壁に当時の橋の銘板と日本人11名の工事人員の名簿板が嵌め込まれている。ホテルの駐車場は当時見張り所を置き、原住民を監視していた場所だった。 >(メルマガ「台湾の声」2009年5月9日掲載分の一部を改編)次回へ続く...
posted by 玉山 at 00:00| 台北 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 關山越嶺古道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
二枚目に写る古道、リトに行った時目の前にいる同年代の人々の日常がこのような断崖に開鑿された2人が並んでは歩けない道に拠っていたという事を知り、つい最近の事だと改めて実感した事を覚えています。自動車道である南横公路の開通は確か40年ほど前の事ですから。
Posted by メイウェンティ at 2010年01月18日 23:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック