2013年11月23日

八通関古道東段−11

Kodou-1216.jpg Kodou-1217.jpg Kodou-1218.jpg
【写真説明】本カテゴリーの記事は前回で一旦閉じたのだが、何か足りないな?と感じ当時撮影した写真を眺めていたら、これまでの記事・写真は日本時代の駐在所跡地の紹介に忙しく、読者の皆さんへ対し肝心の「古道美」の露出が少な過ぎたのではないか?と思い始め、もう一回記事を起こすことにした。記事を起こすと云うより、写真を並べたと言った方が良い。実際の古道の様子は当時かなりの枚数を撮影したが、今回の選定は、人文風景たる古道沿線に残る日本時代の石塁との組み合わせを選定基準にした。この一段の沿線の自然は実に瑞々しいのだが、その一端を感じ取って貰えれば嬉しい限りだ。(終り)

(上段左)山風−カシン:路側石
(上段中)カシン−黄麻:石橋
(上段右)桃林−蕨:白樺林
(下段左)桃林−蕨:開鑿
(下段中)桃林−蕨:路側補強状況
(下段右)桃林−蕨:「空中に浮かぶ蘭」の在り処

Kodou-1219.jpg Kodou-1220.jpg Kodou-1221.jpg
posted by 玉山 at 08:38| 台北 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 八通關古道-東段 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック