2017年04月01日

古油井歩道−5

Kodou-1908.jpg Kodou-1909.jpg Kodou-1910.jpg
【写真説明】南寮の残りの宿舎群、即ち、四、八、十八号は所謂長屋であり、磺夫専用である。今回写真を掲載したのはその中で保存状態が最も良い第八号宿舎(左、中央写真)で、現在は一般の方の作業小屋、倉庫代わりに使われているようだ。1925年(大正14年)登記。その他の磺夫専用宿舎は傷みが激しく、後々修復・保存する積りかどうか?は判らぬが、鉄筋のスレートを被せ保護してある。右写真は、前回紹介した地上ケーブル軌道脇に残っている第二十三号宿舎の状態で、荒れるに任されている。(続く)
posted by 玉山 at 00:00| 台北 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 古油井歩道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック