2017年04月22日

古油井歩道−8

Kodou-1920.jpg Kodou-1921.jpg
【写真説明】次に出会うのは第93号油井。開坑時間は1939年(昭和14年)8月17日、廃井時間は2002年(平成14年)年7月2日。テラスが組んで展示されている。油井の汲み取り方式が種々あるようだが、筆者には分からない。案内板に依ると、前回紹介した第18号の鑿井方式が、「頓鉆式(C式)」、第93号は「旋転式(R式)」で何と無く違いが判るような気もする。今世紀初頭まで現役だったが、廃棄したのは山腰の経常的な崩落に依るものだと案内板に謂う。(続く)
posted by 玉山 at 00:00| 台北 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 古油井歩道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック