2018年12月15日

『水の古道』后里[土/川]−9

Kodou-2014.jpg Kodou-2015.jpg Kodou-2016.jpg
【写真説明】「隘勇古道」は初回探訪時は古道入口の「大正五年総督府」石碑を確認したのみ、雨が降っていたこともあり、実際歩くのは止めた。再訪時は歩いてみたが、撮影した写真データに依るとほんの数分で歩き通せて仕舞い、全長数百メートル、こちらも拍子抜けしたのだが、実は大いに喜んだ。蚊の猛攻撃に晒されたからだ。お陰で(?)当時撮影した写真はブレたものが多い(左写真)。途中、古い案内板二枚あり、古道開鑿時の艱難辛苦の物語が記されている。出口(中央写真)はアスファルト道路に降り立ち、そこを横断した以降も古道は如光山寺迄伸びていることになっており(右写真)、実際歩いたがどうも騙された気分になった。要は真面目に歩く物好きは極僅かと云うことだ。手元の『台灣全覧』で確認すると「愛勇古道」と記載されている。(続く)
posted by 玉山 at 00:00| 台北 🌁| Comment(0) | 『水の古道』后里[土/川] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。