2019年01月26日

関山越嶺古道−17

Kodou-2032.jpg Kodou-2033.jpg Kodou-2034.jpg
【写真説明】台東県海端郷の中では最大の行政区画を擁するリト(利稲)村(左写真)は70戸、500人程度、新武路渓の支流である利稲渓の河岸段丘(その為、利稲台地と云う呼称を見たことがある)上に集落、原住民族の部落としては規模が大きいと思う。筆者が何を以て規模が大きいかと言うと、乗用車が余裕を持って擦れ違える幅を持った目抜き通り(中央写真は部落を東西に走る道路)があることだ。過去何度か立ち寄ったことがあり、村の西端にある小学校(霧鹿国民小学校利稲分校)の校庭で露営したこともあるが、部落の中を子細に歩いたことは無かった。嘉明湖行きを諦めたので、今回当地に二泊した。『台灣全覧』に依ると、マテングル(摩天)から下って来た関山越嶺古道は部落上方の南横公路を横切り、丁度派出所(関山分局利稲派出所)辺りに降りて来ているので、その痕跡を探してみることにした。リト―マテングル間の古道と南横との関係はこの概念図を参照すると判り易い。右写真は小学校付近から東方向の風景。(続く)
posted by 玉山 at 00:00| 台北 ☁| Comment(1) | 関山越嶺古道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
利稲、何度か行きました。最初は10年以上前です。その時、村の牧師さんに関山駅まで車で送って頂いたのです。団塊世代の私より少々若い彼が「高校の頃はこの道がなくて、古い道を歩いた」と車を停め、車道の頭の上に何とか見える道を見せてくれました。それは人一人だけが歩ける幅でした。同じような時代を生きて来たのに、当時考えもつかなかった生活を送っていた事に驚いた事を覚えています。

村の東側に広がる畑に途中からビニールハウスが何棟もできて苺を栽培するようになり、私も買った事があります。キャベツ畑は村より高い所にたくさんありますね。嘉明湖に行く時、村で所有者と話して道々キャベツを採って持って行った事があります。
Posted by Meiwenty at 2019年01月31日 12:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。