2023年02月04日

特別投稿:薩摩藩大口筋白銀坂

Kodou-2854.jpg Kodou-2855.jpg Kodou-2856.jpg
【写真説明】前回の投稿の日付けから二日後、1月23日早朝に、筆者の妻、台湾人「龜龜」(北京語読みで「グェイ-グェイ」)は逝ってしまった。筆者の過去の投稿の中で、時折「G博士」として登場願った。子供の頃、動作がのろかったのでそういうあだ名を付けられたと云う風に記憶している。亀ちゃんと云うわけだ。昨年六月にその妻を帯同し筆者の実家、鹿児島に引き上げて来た。1988年に日本を離れ爾来日本に定住したことはなかった。国史跡に指定された白銀坂は著名な古街道なのでご存知の方が多いのではないかと思う。この古道ブログでも将来独立したカテゴリーを設け紹介するかもしれない。

白銀坂は妻と歩いた最後の古道となってしまった。昨年12月初旬と年初3日の二回に分けて歩いた。それから約三週間後、失神、昏倒、全身痙攣を同日に二回繰り返し、顔が腫れ上がって来たので脳内出血を疑い救急車を要請、診断の結果、脳に損傷は無かったが頸椎損傷あり、但し、肝臓がボロボロの状態であることが発覚、医師には非常に危ない状態であることを知らされた。救急車で搬送後24時間も持たず心肺停止、朝6時30分が死亡時刻となった。48歳、死亡届の医師の診断書には「肝不全」と「敗血症」の二つの病名が並んだ。

お正月、二回目の白銀坂踏査の際、二人で写した写真があり、それが二人で写した最後の写真となった。さすがにその写真をここに掲載することは差し控えるが、二回の踏査中、先を往く妻が写る写真が三枚あった。

筆者が台湾古道、台湾山岳にのめり込み、過去二十余年、台湾全土を縦横に歩き廻れたのは妻のお陰である。月並みな文句に聞こえてしまうが、筆者の方から妻に対し何の恩返しもしてやれなかったのは痛恨の極みである。これから、何処の古道でも山道でも良いのだが、そしてそれを日本でもやろうとしていたのだが、妻と手を取りながら歩き続ける術(すべ)は本当に無いものだろうか?(終り)

posted by 玉山 at 20:59| 台北 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 特別投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月30日

特別投稿:新刊書発行『新・台湾紀行−硬派のためのエピソード集』

Kodou-2929.jpgAmazonのKindle Direct Publishing (KDP)を利用し、明日10月1日付けで発行する。筆者にとり生涯で最初の書籍出版体験だ。表紙のデザインのみをキンドル本カバー装幀ビジネスをメジャーとしているプロにお願いした。後は自力で何とか余り見苦しくない形に纏め上げた。誰でも自力で容易にセルフ出版が可能という謳い文句が溢れているが、実際は手強い!というのが筆者の初体験の感想だ。今回一番苦労したのはMS Wordと出来栄え確認アプリ(例:「Kindle Previewer」)の互換性だ。簡単に言えば、Wordの設定がPreviewerに正確に反映されないと云う問題だ。そのうちにこのブログでKindleの話をすることになるかもしれない。

この新刊書の内容、タイトルの意味等々をブログ上で詳細に説明する労は取らないことにする。アマゾンの商品案内中の書籍内容紹介、或いは、フリーサンプルの冒頭の前書きを読んでいただければ十分なはずだからだ。唯一繰り返しておきたいのは、本書は、令和2年〜4年の三年間に渡りメルマガ『台湾の声』に投稿、配信された13編の記事を集め構成されている。詰まり筆者のブログ読者の中には同時に『台湾の声』読者もいらっしゃるかもしれない。今回本書に所収するに当たり、マイナーな更新以外は行わず、出来るだけオリジナルの記事を保持した。当時の記事と今回書籍化した文章の大きな相違は、後者にはルビを振ったことだ。特に、台湾の地名をどう発音するか?に注力した。

表紙の写真は台湾第二の高峰、日本時代の次高山(つぎたかやま)直下の嘗て火災に遭遇した玉山圓柏だ。表紙写真説明は奥付に僅かばかり入れ込んであるが、詳しい紹介は本文中であり、フリーサンプルでもカバーされていない(但し、『台湾の声』に投稿・配信済み)ので、ここに抜粋しておく:
[写真をクリックして拡大] 本文へ...
posted by 玉山 at 21:39| 台北 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 特別投稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする